高脂血症の原因となるもの

高脂血症というのは、血中のコレステロールや中性脂肪が多い状態をいいます。
でも、特に自覚症状などはなく健康診断や検査を受けたときにわかる場合がほとんどです。
そのままにしておくと、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞という血管が詰まる病気になりやすい
ので、食生活や生活習慣の見直しと治療を受けることが大切です。
では高脂血症になる原因はどういうものでしょう。
高脂血症は血液中の脂肪が多くなるので、食生活が一番の原因と考えられます。
過食による肥満、運動不足が高脂血症になりやすい要因ですが食生活でも動物性脂肪
、コレステロールの多いもの、糖分の多いお菓子やジュースの摂り過ぎが考えられます。
ほかにも、たばこやアルコールの飲みすぎも善玉コレステロールが少なくなり、悪玉コレステ
ロールが多くなってしまうので高脂血症の原因になってしまいます。
それ以外では、家族性高コレステロールと呼ばれる遺伝的なものがありますし、ストレスを
強く感じると血中にコレステロールが増えることがわかっています。
糖尿病になると、血液中の余分なブドウ糖がコレステロールや中性脂肪とされてしまうので、
高脂血症になりやすいといわれていますし、ホルモン剤を使用している方やうつ病などで
処方される向精神薬、高血圧の治療で使われるお薬の影響で高脂血症になることもあります。